「スティングレー

スティングレー」は別名「ガルーシャ」とも呼ばれています。
日本では「エイ革」。

革の表面はビーズを敷き詰めたようでとっても美しいです。
光が当たると素敵に輝きます。

画像では表現できません。






革の中央の白い部分に「スティングレーアイズ」とか
「スターマーク」とかよばれる星があります。
1匹に1箇所しかない星の部分は貴重です。
ひし形に白く染色し星部分を強調したものが
多いです。

エイの大きさも様々。色も様々あります。
革の加工によって手触りしなやかさが違いました。
ビーズ部分をわざと削ったポリッシュ加工のものもあります。
エイの種類によっては星が連続しているものもあるそうです。

革は硬く丈夫です。耐久性にも優れています。
防水効果も期待できます。
あまりお手入れの心配はない革ですが
ホコリ汚れにはブラッシングが効果的です。















こちらのケースはフタにリザードというご希望でした。
フタは折りたたんで収納しないでお使いになるということで
フタを通常より長くしました。
腰にぶら下げたときに星がよく見えるようにしてみました。


baianoの製品はすべて手縫いで製作しています。
ステッチ用の穴は菱目打ち(フォークのような形の道具)と
ゴムハンマーでコツコツ開けていきます。
エイ革最強!!手こずりましたr(^^;)













こちらは0403とコインケースのスティングレーカスタムのご希望でした。

一枚の大判のスティングレーで製作。
一枚に1つしかない星の部分は0403のバレルポケットに使いました。
通常のケースの大きさでは星がはみ出してしまいましたので
星に合わせてケースの大きさをちょっぴり長くしました(^_^;)

お客様のご希望「牛革での枠どりなし」に悪戦苦闘でした。
ビーズを割らずにステッチ用の穴を開けるのは思った以上にたいへん。
悪戦苦闘ぶりはこちら(Blog写真館)
に詳しくUPしてあります。