「西陣織り」
革以外の素材ですがご紹介しますね。
お客様がご用意くださった西陣織りの生地をお送りいただき初挑戦しました。
自信があまりなく失敗することを前提に生地を余分にご用意いただくことにさせていただきました(^_^;)
和柄と革の組み合わせのお財布など目にしてはいましたが
何しろ布と革の組み合わせも西陣織りを手にするのも初めて。まず生地の特徴を知ることからスタート。
生地の模様は美しく張りがありました。
生地の縦横を確認してどの部分を使うかを決めました。

ケース上から見ると「鳳凰」下から見ると「龍」が見える0501ができました。


革は切りっぱなしでもほつれませんが布はほつれますものね。
バレルポケットのホックの部分はは難しかったです(^_^;)